vSphereバックアップ用のホットアッドを介してNetworkモードを使用する時の3適応方法

VMware vSphere仮想マシンのジョブ設計に関してコンフィグレーションにあまり考えがなければ、Transportモード・プロキシー構成用ではAutomaticオプションがベストな選択です。Automaticオプションはプロキシーで何が利用可能かを確認し、VMをバックアップする最適な方法を決定します。この決定プロセスはアクティブなジョブのモード選択に入るいくつかのファクタを持っています。Direct SAN アクセスがすべての状況で最初の選択で、その次の選択が仮想アプライアンスのホットアッドで、Networkモードはプロセスをまとめるために、ほとんどすべての状況で稼動させるための共通の基準です。

image

詳細情 Climb Inc.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: